バナー

期間工従業員を雇用する理由

ある程度大きな製造業になると、雇用している従業員の一部を期間工と呼ばれる期間に定めのある契約の従業員で構成する場合があります。
いわゆる非正規雇用の従業員ではありますが、様々なメリットのある雇用契約になっている場合が多く、人気の高い職種としても知られています。



期間工の仕事はその名前が示す通り、一定期間に限定して雇用される仕組みの工場労働者のことを指し示す言葉です。一定期間が経過すると雇用契約が解除されるという点だけに注目すると非常に不安定な雇用契約に感じがちですが、期間に定めがある代わりに比較的高い給料体系で雇用される場合が多くなっています。また雇用契約期間中に利用することが出来る宿舎が準備されているなど生活基盤を整えてくれるという点で大きな魅力があるのです。一方企業側にとっては期間工に対してこの様な厚遇をする理由として、製造業の永遠の課題である需給状況に応じた生産量の調整のために利用するというものがあります。
期間工は期間に定めがありますので一定期間が経過すれば雇用解除となります。

そのため労働者数の調整弁としての役割を担っているのが期間工と呼ばれる存在なのです。



生産量が減産に向かう場合には新規採用を抑制するだけで人員を減らしていくことが出来ますし、逆に必要となる場合には採用数を増加させることにより必要な労働力を確保することが出来るのです。



これらの従業員は一括採用するのではなく、ある程度の期間を置いて採用することで調整弁としての機能が有効になります。